赤ちゃんに最適な水&サーバーと
知っておくべき基礎知識

赤ちゃんに安心なお水を

妊娠中のママさんや赤ちゃんにとって必要不可欠な水分補給やミルク。

大切な赤ちゃんには、安心・安全なお水をあげたいもの。日本の水は水道水も含めてほぼ軟水と言われ、調乳や成分の面でも問題は無いとされています。

しかし、赤ちゃんの内臓機能は未発達なのでミネラル分の多い水をあげると体調を崩すことも。

ここでは水と赤ちゃんの関係性や妊婦さんと水の関係、赤ちゃんに最適なお水やウォーターサーバーを紹介しています。

赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーと水

ウォーターサーバー導入のメリット

ミルクや離乳食を作るママさんにとって、赤ちゃんが泣きだしたらすぐにあげたいですよね。

そんなミルクや離乳食に欠かせないのはお湯ですが、毎回沸かすのはとても面倒なもの。それに水道水を使っていると、不純物や塩素など体への影響も気になります。

そこで活躍するのはウォーターサーバー。いつでもお湯が使えて、冷水も出るので温度調節も手早くできます。そしてなんといってもお水の安全性が確保されているのが嬉しいところ。

ここではウォーターサーバー導入のメリットをご紹介します。

赤ちゃんがいる家庭でウォーターサーバーを導入するメリット

  1. 赤ちゃんに安全な水(お湯)を飲ませられる
  2. いつでもお湯が使えてミルクや離乳食の準備がすぐにできる
  3. ミネラル成分が分かるので与えすぎに注意しなくても良い
  4. ペットボトルのように自分で運ばなくても家まで水を配達してくれる
  5. 電気ポットでお湯を保温しておくより電気代が安い

このようなメリットが沢山あるウォーターサーバーを検討してみませんか?

保育士・幼稚園教諭が赤ちゃん・ママのためにウォーターサーバーをおすすめする本当の理由

ウォーターサーバーを導入するメリットについてご紹介しましたが、一番の目的とも言えるのが、ママさんの負担を減らすこと。

育児をしながらの家事は非常に大変な日々になります。生地がうまくいかなかったり、家事がおろそかになってしまうと心が折れそうになることも。

私もそうでした。そんな中でウォーターサーバーがあるとちょっとした手間を抑えることかできます。

調乳・離乳食作りに便利

例えば、調乳でお湯を沸かしてから適温に冷ますのもお腹がすいた赤ちゃんが泣いている中で行なうと大変な作業ですよね。

こんな時にウォーターサーバーがあればすぐに適温のミルクが作れます。

また、離乳食が始まってからも活躍してくれるのがポイント。ウォーターサーバーを導入すればパサパサした離乳食に入れるお湯を毎回沸かす必要はありません。

家族も参加しやすく、安全面でも安心

それから、旦那さんや家族も育児に参加しやすくなります。
ウォーターサーバーは使い方がとても簡単なので、旦那さんやお姉ちゃん、お兄ちゃんに「ミルク入れて来て」とお願いもしやすくなるでしょう。

ただ、小さな子どもがいると気になるのがウォーターサーバーを触って火傷をしてしまう心配があるのでは?ということ。

ですが、ウォーターサーバーにはチャイルドロックがついているので安心です。

また、安全なお水を選びたいとペットボトルを購入してきている方もいますが、毎回重い水を運ぶのは手間ですよね。

ウォーターサーバーなら自宅まで水を届けてもらえるので、そういった心配もありません。何よりも毎回水を購入してくるのに比べると経済的です。

活躍するシーンが多い

もう一つおすすめしたいポイントが、ママが休憩のために飲み物を作りたいと思った時にも活用できるということ。

赤ちゃんが寝た時にホッと一息つくのにさっと温かい飲み物、冷たい飲み物を用意することができます。家族全員で活用できるのが魅力だと言えるでしょう。

それと、顔を拭く時にはガーゼを温かいお湯で湿らせて使いますが、この時にもウォーターサーバーは温度調整をしやすく便利です。
多少コスパは悪いものの急ぎの時に活用してみましょう。

成長別注意したいお水・ウォーターサーバーのこと

ウォーターサーバーを導入する際に新生児から乳幼児、幼児まで注意したいことについてみていきましょう。

新生児に注意したいお水・ウォーターサーバーのこと

新生児の赤ちゃんはとてもデリケート。そのため、お水を選ぶ際には赤ちゃんの胃にとって負担の少ない硬度の低い「軟水」と呼ばれるものを選ぶ必要があります。

現在、ウォーターサーバーのほとんどは軟水ではありますが、慎重になってよく確認しておきましょう。

ある程度成長してきた乳幼児ならそれなりに胃も成長しているのですが、生まれたばかりの赤ちゃんは日本の水道水と同じ程度の硬度である50から60mg/Lのお水を目安に選びたいですね。

まだまだ体が発達していない時期だからこそ、とにかく安全にこだわってウォーターサーバーや、水を選ぶことが大切。
硬度の高い水でミルクを作ると下痢をしてしまうこともあるので注意しましょう。

乳幼児に注意したいお水・ウォーターサーバーのこと

乳幼児になると新生児に比べて胃も強くなるので、硬度が100mg/L以下程度の水であれば安全とされています。

この程度の硬度の水を取り扱っているウォーターサーバーはたくさんあるので、サーバー選びには苦労しないでしょう。

新生児の時期から同じウォーターサーバーを使うことを考えると、メンテナンスがしっかりしているものを選ぶことが大切です。

清潔で安全なお水を取り入れるためにもセルフメンテナンスがしやすいものや、定期的にメーカーのメンテナンスが受けられるものが良いでしょう。

幼児に注意したいお水・ウォーターサーバーのこと

幼児になると気をつけなければならないのが、ウォーターサーバーのいたずらに関することです。今は多くの機種でチャイルドロックを導入していますが、操作方法はサーバーによって異なります。

ロックの仕方が面倒だとついやらないことが増えてしまい、そのタイミングで火傷させてしまったという事例も多いです。

チャイルドロックがしっかり搭載されていて、ロックしやすいものを選びましょう。

赤ちゃんには「天然水」or「RO水」どっちがおすすめ?

ウォーターサーバーのお水について詳しくみていくと、天然水とRO水に分けられます。

天然水とはその名の通り天然の環境から採水されたお水のこと。何となく安全性が低いと感じてしまう方もいるかもしれませんが、環境汚染から隔離された安全度の高い地下水を使用しているので安心です。

続いてRO水とは何かというと、これはお水を超微細孔のフィルターに通すことによりろ過し、そのあとに人工的なミネラルを添加しているお水のことです。

天然水との違いは、しっかり不純物を取り取りのぞけるということ。つまり、天然水でもRO水でも安全度は高いといえます。

このあたりは好みで選んでも良いでしょう。必ずしも天然水、またはRO水のいずれかにこだわる必要はないので、各ウォーターサーバーの特徴なども押さえながら自分にぴったりのものを選んでみてはどうでしょうか。

ミルク作りにはもちろんのこと、離乳食作りにも使えます。

ウォーターサーバーの衛生管理が万全か

ウォーターサーバーで取り入れている水自体が安全だったとしても、ウォーターサーバーが衛生的な環境になければ水の安全性も脅かされてしまいます。
そこで、衛生管理は万全にできているかどうかに注目してみましょう。

例えば、メンテナンスに関することです。メンテナンスには、日頃自分で行なうセルフメンテナンスの他に、サーバーの提供会社で行なってくれるメンテナンスがあります。

ただ、ウォーターサーバーの中には普段の簡単なセルフメンテナンスのみで良いようにシステムが整えられているものもあるので、業者で行なうメンテナンスが必ずしも必要になるわけではありません。

例えば、高性能な自動クリーニング機能が取り入れられているようなタイプのウォーターサーバーの場合、日常生活の中で自然にメンテナンスされており、定期的なメンテナンスが不要なものも多いです。

自動クリーニング機能とは、使っていない時間帯にタンク内に熱水を内部循環させたり、紫外線で除菌をする装置が備え付けられているもののこと。

それから、危害要因をおさえ、安全性が高いことが証明されたサーバーにのみ認められるHACCP(総合衛生管理製造過程)の承認を受けているサーバーを選ぶのもおすすめです。

赤ちゃんとお母さんが知っておきたい水の話

ウォーターサーバーの導入で得られるメリット

ウォーターサーバーを導入するメリット

もともと、内臓機能が発達していない赤ちゃんには、多量のミネラルを含むミネラルウォーターや塩素が入っている水道水は適していません。

また、最近では水道水に含まれる放射性物質や異物などが問題にもなっているので、高い安全性を誇り、塩素が含まれていないウォーターサーバーの水は、赤ちゃんにとって理想的[1]。

ミネラルの配合量もはっきりしているので、安心して飲ませることができます。

赤ちゃんが泣いた時にすぐにミルクを作れる、家まで水を配達してくれるなど、市販の水より利便性が高いことも魅力です。

赤ちゃん向けウォーターサーバーの選び方

赤ちゃん向けウォーターサーバーの選び方

赤ちゃんがいるご家庭でウォーターサーバーを選ぶ時のポイントは、「赤ちゃんが飲んでも大丈夫なこと」「ミルク作りに適していること」「チャイルドロック機能」「放射能検査」「衛生管理体制」の5つです。

硬水はミネラル分が多く、赤ちゃんの内臓に対して負担が大きいので、硬度が低めの軟水を選ぶことがポイント[2]。

放射能検査や衛生管理がしっかりしているなど、安心して赤ちゃんに飲ませられる水であることも大切です。

そして、赤ちゃんが自由に動けるようになった時のやけど防止のために、チャイルドロック機能も重視しましょう。

赤ちゃんの体に合う水とは?

赤ちゃんの体に合う水とは?

赤ちゃんは内臓機能が発達しておらず、ミネラルを摂りすぎると下痢や嘔吐を引き起こす可能性があるため、ミネラルの含有量に気をつけなければいけません[2]。

ミネラルの含有量は水の硬度からわかりますが、日常的に飲ませるのであれば硬度40以下、ミルクを作る時は硬度60以下がおすすめ。

日本の水道水はミネラルの少ない軟水ですが、塩素や雑菌などが含まれている可能性もあるので、軟水が使えるウォーターサーバーは重宝します

ウォーターサーバーを選ぶ時には、軟水の天然水かRO水を選ぶようにしてください。

妊婦さんも気を遣いたい水のこと

妊婦さんも気を遣いたい水のこと

妊娠中は適度な水分補給が大切です。

水分が足りないとむくみや便秘になるだけでなく、羊水や母乳の量が減るなど、赤ちゃんにも悪影響を与えます。

妊娠中にジュースをよく飲んでいた妊婦さんの赤ちゃんは、アトピー性皮膚炎になりやすい傾向があると言われているので、水分摂取には水が最適。

ただし、水道水に含まれている塩素も、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーの原因となる可能性があるので、塩素が含まれていないウォーターサーバーの水が適しています

妊娠中に口にしたものは赤ちゃんの栄養分になるので、妊婦さんは水にも気を遣うようにしてください。

妊娠中にウォーターサーバーを使った主婦の体験談

妊娠中にウォーターサーバーを使った主婦の体験談

今までは、水道水でもいいかなと思ってたのですが、震災後の放射性物質の混入などがあり、水道水にも危機感を感じるようになりました。

スーパーで購入しようとしても、つわりがひどい時に買い物に行くのは辛く、重い荷物を運ぶのも大変。

そこで、友人が設置していたものと同じウォーターサーバーを導入してみることに。
妊娠中から活用していましたが、出産してからは、ミルク作りに大活躍してくれて、特に夜中に赤ちゃんが泣き出した時に役立ちました。

もちろん、普段の料理を作るためにも助かっていて、お米を炊いたり、煮物を作ったり、子供の離乳食を作ったりととても便利で、さまざまな場面で助けられています。

ママさんのRO水導入体験

ママさんのRO水導入体験

妊娠する前まではたまにミネラルウォーターを買って飲むぐらいで、特に水について考えることはありませんでした。

しかし、赤ちゃんは大人よりも弱くて抵抗力も低いので、ミルクを作るための水にこだわりだしたのがきっかけです。

ウォーターサーバーについて調べていると、ミネラルが少なくて安全性の高いRO水という水があることがわかり、赤ちゃんにも安心だと感じて導入を決意。

ウォーターサーバーが届いた時には、いつでも水もお湯も適温で使えることに感激しました。

いつでも赤ちゃんのミルクを作ることができて、コーヒーを淹れるのも簡単です。

お湯を沸かす手間が省け、離乳食づくりにも活躍してくれています。

参照情報

赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーと水

赤ちゃんのミルクに最適なウォーターサーバー

南アルプスの天然水【サントリー】

おいしさはお墨付き!安全面・機能面でもイチオシ

サントリー

ホワイト/ブラック
WY502HC
奥行:45cm × 幅:37cm × 高さ:124cm
拡大
サーバーのデザイン
  • WY502HC

サントリー

誰もが知っている「サントリー南アルプスの天然水」が自宅で手軽に飲めるウォーターサーバー。

自然環境に恵まれたエリアから採れた水は、硬度が低くすっきりとしているため、ミルクの栄養分や味を邪魔しないので調乳にぴったり。

また、安全面においては、水道法だけでなくサントリー独自の厳しい基準を設けており、そのすべてをクリアしないと、出荷されないようになっています。

サーバーはオシャレなだけでなく、機能も充実。温水2段階・冷水2段階の4段階で温度調節ができる機能や、2重のチャイルドロックが搭載されているため、お子さまのいる家庭におすすめです。

水の種類
天然水
pH値
弱酸性(7.0)
配送地域
全国
内容量
7.8リットル
サーバータイプ
卓上型、床置型
定期メンテナンス・料金
なし
購入ノルマ
2ヶ月3本
チャイルドロック
4大ミネラル
カルシウム
6.00mg
マグネシウム
1.00mg
ナトリウム
4.0mg
カリウム
1.00mg
採水地
山梨県北杜市
硬度
軟水(30.0mg/L)
配送料
無料
ボトル料金
(1本あたり)
1,150
サーバー
レンタル料金
0~0
電気料金(月額)
300~700
1ヶ月の最少コスト
3,450~4,150
500ml換算
73
微量ミネラル
バナジウム
非公開
亜鉛
非公開
有機ゲルマニウム
非公開
シリカ
非公開
※金額はすべて税抜表示

採水地京都【コスモウォーター】

京都の天然水を使用したRO水

コスモウォーター

らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス
らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス
奥行:34cm × 幅:30cm × 高さ:110cm
拡大
サーバーのデザイン
  • らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス
  • スタイルセレクト ウォーターサーバー +お掃除ロボ
  • スタイルセレクト ウォーターサーバー

コスモウォーター

プラスプレミアム(京都)は、京都府で採れた天然水をろ過したRO水。

採水地周辺は、多雨・多雪なだけでなく、霧も頻繁に発生するため、水の供給が豊富な地域。工場周辺には、きれいな水辺にしか生息しない生物もいます。

硬度は15(mg/L)と水道水より低く、コスモウォーターの水の中でも一番の軟水。ミネラル成分の含有量も全体的に少なめなので赤ちゃんだけでなく、妊娠中のお母さんにもおすすめ。

配送地域が限られていますが、同じRO水で採水地が静岡の「プラスプレミアム(富士)」は、東北・関東・中部にお届け可能です。(ミネラルの含有量は異なります。)

水の種類
天然水
pH値
弱酸性(6.9)
配送地域
全国(沖縄・離島を除く)
内容量
12リットル
サーバータイプ
卓上型、床置型
定期メンテナンス・料金
なし
購入ノルマ
1ヶ月2本
チャイルドロック
4大ミネラル
カルシウム
8.00mg
マグネシウム
1.60mg
ナトリウム
9.7mg
カリウム
0.50mg
採水地
京都府福知山市
硬度
軟水(30.0mg/L)
配送料
無料 (※1)
ボトル料金
(1本あたり)
2,052
サーバー
レンタル料金
無料
電気料金(月額)
465~688
1ヶ月の最少コスト
3,520
500ml換算
86
微量ミネラル
バナジウム
非公開
亜鉛
非公開
有機ゲルマニウム
非公開
シリカ
非公開
※金額はすべて税抜表示
※1 北海道のみ配送料 税込216円

富士の天然水【クリクラミオ】

利便性抜群!富士山の自然に育まれた美味しい天然水

クリクラミオ

クリクラミオサーバー
クリクラミオサーバー
奥行:35cm × 幅:30.5cm × 高さ:128.5cm
拡大
サーバーのデザイン
  • クリクラミオサーバー

クリクラミオ

宅配水売上高シェアNo,1の「クリクラ」から新登場したクリクラミオ。採水地は、富士山北麓に位置する富士箱根伊豆園立公園の特別地域内。富士山全体に降った雨や雪が山に浸み込み、長い時間をかけてろ過され天然のミネラルを含んだ水です。

マグネシウムやカルシウムといった基本ミネラルをはじめ「バナジウム」も含有。健康や美容の手助けをしてくれる口当たりの良いやわらかな天然水で、赤ちゃんのミルクや離乳食作りにも◎。

水は、500mlあたり約69円と業界内でもトップクラスの低価格。また、好きな本数と5つの配送間隔から選択し購入できるため、共働き家庭の方でも無理なく利用できます。

水の種類
天然水
pH値
弱アルカリ性(8.2)
配送地域
全国(沖縄を除く)
内容量
8リットル
サーバータイプ
床置型
定期メンテナンス・料金
1年に一度サーバーごと交換 (無料)
購入ノルマ
なし
チャイルドロック
4大ミネラル
カルシウム
14.00mg
マグネシウム
5.60mg
ナトリウム
6.0mg
カリウム
2.00mg
採水地
富士箱根伊豆国立公園内
硬度
軟水(57.0mg/L)
配送料
無料 (※1)
ボトル料金
(1本あたり)
1,400
サーバー
レンタル料金
無料
電気料金(月額)
700
1ヶ月の最少コスト
1,600
500ml換算
88
微量ミネラル
バナジウム
53.0μg
亜鉛
非公開
有機ゲルマニウム
非公開
シリカ
非公開
※金額はすべて税抜表示
※1 奇数本数での配送は送料500円必要

富士の湧水(12L)【富士の湧水】

衛生面にこだわった天然水

富士の湧水

冷、温両用ウォーターサーバー 床置タイプ
冷、温両用ウォーターサーバー
奥行:30cm × 幅:29cm × 高さ:125cm
拡大
サーバーのデザイン
  • 冷、温両用ウォーターサーバー
  • 冷、温両用ウォーターサーバー(卓上型)

富士の湧水

富士の湧水は、富士山から採った水のみを使用。人工的に精製された水は一切混ざっていません。やわらかな口当たりの軟水で、ミルク作りにも最適。

放射性物質の検査や、細かい水質検査を定期的に行うなど、徹底した衛生管理を実施。製造過程では、独自の厳しい基準が設定されており、その基準を満たさないと、出荷されないようになっています。

サーバーは国産で、温水2段階・冷水2段階の4段階で温度調節が可能なため、ミルクの温度調整で時間を取られることがありません。チャイルドロックも付いているので、お子様が成長しても安心です。

水の種類
天然水
pH値
弱アルカリ性(8.4)
配送地域
全国(沖縄・一部地域を除く)
内容量
12リットル
サーバータイプ
卓上型、床置型
定期メンテナンス・料金
なし
購入ノルマ
なし
チャイルドロック
4大ミネラル
カルシウム
6.20mg
マグネシウム
2.10mg
ナトリウム
5.3mg
カリウム
1.00mg
採水地
富士箱根伊豆国立公園内
硬度
軟水(24.0mg/L)
配送料
無料
ボトル料金
(1本あたり)
1,524
サーバー
レンタル料金
762
電気料金(月額)
650
1ヶ月の最少コスト
3,810~4,810
500ml換算
63
微量ミネラル
バナジウム
80.0μg
亜鉛
非公開
有機ゲルマニウム
非公開
シリカ
非公開
※金額はすべて税抜表示

富士の天然水さらり【うるのん】

硬度が低く安全なRO水
スタンダードサーバー
スタンダードサーバー(床置き)
奥行:35.3cm × 幅:32.6cm × 高さ:133.3cm
拡大
サーバーのデザイン
  • スタンダードサーバー(床置き)

やわらか水は、不純物などを徹底除去した後にミネラル分を配合した、安全性の高いRO水。口当たりがまろやかな、やさしいお水です。

理化学検査が行えるほどの設備で徹底した品質管理。放射物質の検査も毎月2回、外部検査機関で実施。今まで一度も検出されたことはありません。また検査結果もWeb上で公開。

硬度は、22.4(mg/L)と非常に低く、ミルク作りや離乳食作りにも最適。

サーバーは、どれを選んでもチャイルドロックがついているため、赤ちゃんの誤操作による事故を防ぐことができます。

水の種類
天然水
pH値
弱アルカリ性(8.1)
配送地域
全国(離島・山間部を除く)
内容量
12リットル
サーバータイプ
床置型
定期メンテナンス・料金
3年に一度サーバーごと交換 (無料)
購入ノルマ
4週間2本
チャイルドロック
4大ミネラル
カルシウム
7.70mg
マグネシウム
2.40mg
ナトリウム
5.5mg
カリウム
1.10mg
採水地
静岡県富士宮市
硬度
軟水(29.0mg/L)
配送料
一部有料 (※1)
ボトル料金
(1本あたり)
1,898
サーバー
レンタル料金
無料
電気料金(月額)
1,500
1ヶ月の最少コスト
3,796
500ml換算
79
微量ミネラル
バナジウム
50.0μg
亜鉛
非公開
有機ゲルマニウム
非公開
シリカ
非公開
※金額はすべて税抜表示
※1 お選びの配送業者により配送料がかかるものもございます。
該当