粉ミルクは水道水ではなくウォーターサーバーを

粉ミルクに水道水はダメ?ウォーターサーバーがミルクづくりに最適な理由とは

水道水には不純物や塩素が含まれ、専門家からも「安全とは言い切れない」ものだと言われています。そのため、赤ちゃんの粉ミルクを溶かすための水としては、不安が残ってしまうものです。

その点、ウォーターサーバーの水であれば、確かな安全性を誇り、ミルク作りの手間も省いてくれます。

また、ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクや離乳食を作るためにも最適です。ミルクの作り方は簡単で、温度を70度に設定したお湯で、調乳するだけで出来上がります。

赤ちゃんに危険が及ばないように注意は必要ですが、安全性の高い水で簡単にミルクや離乳食が作れるのがウォーターサーバーです。

粉ミルクを水道水で作るデメリット

赤ちゃんにとって唯一の栄養素である粉ミルク。赤ちゃんにとって安全性の高い粉ミルクを使うことは大切ですが、もうひとつ、粉ミルクを溶かす水にも、確かな安全性を求めたいものです。

実は、粉ミルクを溶かすために水道水を使うと、赤ちゃんの体にとって良くない影響が出ると言われています。

水道水でミルクを作ることには、主に、次の2つのデメリットがあります。

水道水の中に含まれる有害物質

東日本大震災の発生後、東京の水道水の中からも放射性物質が検出されており、他の地域の水道水にも混入している可能性は捨てきれません。

3月22日に金町の浄水場で210Bq/kgという放射性物質のヨウ素131が検出されました.何日か少し遅れてきたわけです. ~中略~ 最初に皆さんに知っていただきたいのですが,基準を満たす水というものが絶対に安全というわけではありません.これは今回の災害ではなくて,平時からそうです.

出典:JSTAGE:(PDF)「飲水のリスクを考える~放射性物質の規制値はどのように決まったのか~」

放射性物質は絶対に避けたいところですが、それ以外にも、体が小さく、免疫力の低い赤ちゃんに悪影響を及ぼすものが混じっている可能性もあるのです。

代表的なものとしては、水の中に混じる不純物や、塩素などが挙げられます。

毎回の湯沸かしが大変

赤ちゃんの体にとって安全なミルクを作ろうと思うと、お湯を沸騰させることは欠かせません。

ですが、赤ちゃんの様子を見ながら、毎回のミルクのたびにお湯を沸かすという作業は、お母さんにとってとても大変なことです。

粉ミルクを水道水で溶かすということは、赤ちゃんの健康への不安だけでなく、お母さんの手間も増えてしまうことになります。

赤ちゃんを大切に育てるならウォーターサーバーがおすすめな理由

赤ちゃんの粉ミルクを溶かすための水には、水道水よりもウォーターサーバーの水のほうが向いています。

その理由は、水道水よりも品質管理が確かであり、中に入っている成分が判明しているからです。

安全な水で粉ミルクを溶かせる

ウォーターサーバーの水の中には、不純物や塩素は含まれていないので、赤ちゃんの体に対して負担となるものがありません。

また、放射性物質の検査も行われているので、品質の高い水で、安全なミルクを作ることが出来ます。

ミネラル成分の量がわかるから安心

赤ちゃんがミネラル成分を摂りすぎると、内臓に負荷がかかって、下痢の原因となってしまうこともあります。

ですが、ウォーターサーバーの水であれば、水の中に入っているミネラル成分の量が明記されているので、赤ちゃんが体を壊してしまうこともありません。

いつでも簡単にミルクが作れる

ウォーターサーバーがあれば、水を沸騰させて、粉ミルクを溶かし、湯冷ましする、という一連の作業が必要なくなるので、お母さんの手間を省くことにも繋がります。

スイッチひとつですぐにお湯が出てくるので、いつでも簡単にミルクを作ることが出来て、その分の時間を赤ちゃんと一緒に過ごす時間に充てられます。

ウォーターサーバーは赤ちゃん用の粉ミルク・離乳食づくりに最適

ウォーターサーバーの水は、赤ちゃんのミルクや離乳食を作るためにも広く活用されています。

水道水でミルクや離乳食を作っている方もいますが、ウォーターサーバーがあれば、安全性の高い水で、赤ちゃんの健康をしっかりと守りながら、簡単にミルクや離乳食を作ることができるからです。

また、ウォーターサーバーであれば、水と熱湯をいつでも使うことができて、温度調節も簡単なので、ミルクづくりにかかる時間や手間も省くことができます。

ウォーターサーバーでのミルクの作り方は?

ウォーターサーバーでのミルクの作り方はとても簡単です。

まず、ミルクを作るためには、瓶の雑菌を死滅させなくてはいけないので、70度に設定したお湯を使って調乳するようにしてください。

ただし、ミルクの瓶だけでなく、ウォーターサーバー自体も衛生的に保てるよう、定期的に清掃をするようにすることも大切です。

お手入れが楽なデザインのものや、自動的に洗浄してくれる機能がついているものであれば、常に衛生的に使えます。

ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを作るメリット・デメリット

ウォーターサーバーを使用するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

まずはメリットについて解説していきます。

赤ちゃんにとって安心・安全な水を使える

水道水と比較して、不純物や塩素が含まれておらず、放射性物質の検査も行なわれているウォーターサーバーの水は、赤ちゃんの体にとって高い安全性を誇ります。

また、赤ちゃんがミネラル成分を摂取しすぎると、下痢をしてしまうこともありますが、ウォーターサーバーの水はミネラル成分の量がはっきりしているので、赤ちゃんの体調不良を防ぐことが可能です。

いつでも簡単にミルクや離乳食が作れる

毎回お湯を沸かす必要がないので、いつでも簡単にミルクや離乳食を作ることができます。

スーパーまでミネラルウォーターを買いに行って、重たい水をわざわざ持って帰る必要もなく、お母さんの労力を大きく減らすことができます。

光熱費が安くなる

湯沸かしにポットやケトルを利用するよりも、一般的に、ウォーターサーバーの方が電気代が安くなります。

ミルクを作るたびにお湯を沸かすと光熱費が高くなりますが、ウォーターサーバーならその心配もありません。

デメリット

次にデメリットについて解説します。

安全性への配慮が必要

ウォーターサーバーは簡単に熱湯を出せるため、小さな子どもの誤操作による事故が報告されています。

ウォーターサーバーは子どもの手の届く位置に熱湯が出る蛇口が取りつけられているものが多く、チャ イルドロックが有効に働かないものもあり、重症事故が起こっています。

出典:国民生活センター:(PDF)ウェブ版 国民生活5 2017年5月号【No.58】(2017年5月15日発行)

チャイルドロックがついている商品を選ぶことは基本ですが、ウォーターサーバーを置く場合、赤ちゃんへの安全性対策を十分に行う必要があります。

粉ミルクに最適なウォーターサーバーを探す

赤ちゃんのミルクや離乳食を作るためのウォーターサーバーに大切なことは、衛生的であること、水の安全性や品質が確実であることなどが挙げられます。

ですが、実は、ミルクづくりに使えない水も存在するため、ウォーターサーバー選びは慎重にしたいものです。

そこで、次のページでは、赤ちゃんがいるご家庭に最適なウォーターサーバーを、詳しくご紹介しています。

赤ちゃんのミルクや離乳食づくりのために活用したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

赤ちゃんのミルクに安心して使えるウォーターサーバー

コスモウォーター

赤ちゃんのミルクづくりにもおすすめ

コスモウォーター

らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス
らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス
奥行:34cm × 幅:30cm × 高さ:110cm
拡大
サーバーのデザイン
  • らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス
  • スタイルセレクト ウォーターサーバー +お掃除ロボ
  • スタイルセレクト ウォーターサーバー

コスモウォーター

使われる水は京都・静岡・大分など全国の厳選された地域で採れた新鮮な軟水なのでミルクづくりに最適。

品質面では、モンドセレクションで金賞を5年連続受賞しており、赤ちゃんの体にも負担が少ないため非常に安心できます。

また機能面・衛生面、安全性を追求したつくりとなっており、とても高い評価を得ています。

水の種類
天然水
サーバータイプ
床置型、卓上型
配送地域
全国(沖縄・離島を除く)
購入ノルマ
1ヶ月2本
ボトル容量
12リットル
ボトルタイプ
使い捨て
定期メンテナンス・料金
なし
入会金
無料
レンタル料金
無料
配送料金
無料 (※1)
ボトル料金
(1本あたり)
1,760~2,052
500ml換算
73~86
電気料金(月額)
465~688
1ヶ月の最少コスト
3,520~3,800
※金額はすべて税抜表示
※1 北海道のみ配送料 税込216円
該当