カルキの入った水からミネラルウォーターへ

日本では蛇口を捻ればカルキのにおいがする水であっても、それは消毒されているから安全であるとして、飲み水や料理等で使用されていました。しかし時代が進み、今度は水を飲むという行為は、自動販売機やコンビニで売られているミネラルウォーターを購入して飲む事であり、それが当たり前であるという風潮に変わって来ました。

また、それに輪を掛けるようにして、原子力関連の事故の影響等で飛躍的にウォーターサーバーの普及率は一気に上昇したという声もあります。カルキで消毒された水であっても必ずしも安心出来ない事や、カルキ臭のする水はお世辞にも美味しいとは言えないという風潮とが相まって、ウォーターサーバーのビジネスを始める企業が格段に増えて来たのかも知れません。

このページのメニュー

水の硬度や硬水軟水

今日では、沢山のウォーターサーバー業者があり、その中から希望に叶う業者を選択して利用するのに戸惑う程です。しかし、何処の業者も切磋琢磨しているので、希望する条件等を良く吟味した上で、選択する事が大切です。

水の硬度とは

選ぶときに注目したい用語の一つが硬度です。硬度とは水の中にどのくらい多くのカルシウムやマグネシウムが含まれているかを表している数値のことで、一般的には1リットル中に含まれるカルシウムとマグネシウムの合計が100mg未満のものを軟水、120mgから300mgまでのものを硬水と呼びます。雨として地上に降ってきた水分は土壌の中に浸透して長い時間をかけて濾過されますが、その時に土壌に含まれるミネラル成分を吸収していくため、土壌に多くのミネラルが含まれる地域では比較的硬度が高めになります。

日本人に合うのは軟水

硬度の違いは用途の違いにも関係してきますので注意が必要です。軟水は料理、特に和食との相性がピッタリで、お米をふっくらと炊きあげたり、出汁の味をよく引き出したりといった特徴があります。また、お茶をいれるときも軟水を使ったほうが味や香りが出やすいといった特徴があります。そして、赤ちゃんのいる家庭では特に軟水がお勧めです。というのも、ミネラル分が豊富な硬水でミルクをつくってしまうと内蔵に負担がかかってしまうことがあるからです。

便秘解消なら硬水がオススメ

一方、硬水はミネラル分が豊富なのでスポーツの後に不足しがちなミネラル分を補給するには適しています。また、硬水は腸内を刺激することで便通を良くする作用があるので、頑固な便秘で悩んでいる人にも適したお水だといえるでしょう。そのため、ダイエット目的で硬水を日常的に摂取している人も多くいます。

pH値にも注目

ウォーターサーバーに使われているお水には必ずpH値が表示されていますが、これは水の性質を表す数値で、値が低いほど酸性が高く、値が低いほどアルカリ性が強いということを示しています。pH値は0から14まであり、一般的にpH値0から6未満が酸性、6以上8未満が中性、8以上14までがアルカリ性となりますが、飲料水に適していると言われるのは中性の水です。ウォーターサーバーに使われている水のpH値も5.8から8.6というのが基準となっています。

該当