食事はミネラル成分を含んだ水で作る

料理に水は欠かせません。何気なく使っているものですが、水を変えると料理のおいしさも変わると言うのはご存知ですか。毎日の食事も水で大きく変わります。ここでは、まず、しばしば耳にする軟水と硬水という言葉の違いからご説明します。

料理の美味しさは水でさらに増します

水にはカルシウムやマグネシウムが含まれています。これらの成分の量を表した数値のことを硬度と言います。この硬度は様々な機関によって基準が設けてあります。世界的にみると日本の水は軟水で、欧米は硬水という区分です。軟水は飲みやすく、硬水は少し重い感じではっきりとした違いがあります。日本人は軟水をおいしいと感じる方が多いようです。

軟水と硬水の食文化の差

水の硬度は、食文化とも密接に関係していると言われます。昆布やかつおぶしで取る和風だしは軟水を使用するとうまみが出やすいです。一方硬水である欧米は水に含まれるカルシウムが肉の臭みと結合しやすいだけでなく、煮込むとあくが良くでて臭みも取れるということで肉料理が多いのです。

水道水では、消毒の際に使われる塩素などのにおいが風味を消してしまうと言われていますので、ミネラルウォーターの水が適しています。特に和風だしは、短期間で調理をする必要がありますので、ミネラルウォータを使っているウォーターサーバーを利用すればだしを簡単に取ることができます。

美味しいお米とお茶

ご飯は、お米を洗う時、最初が一番水分吸収しますので、この最初だけミネラルウォーターを使って米を洗うだけでも美味しさが全く違ってきますのでおすすめです。お茶は、水の種類、温度が美味しさの決め手と言います。

緑茶に適した水は、軟水です。水の硬度が高くなると、うまみが出てきにくくなってしまうので、硬度は低めがちょうどいいのです。緑茶を淹れる最適な温度は100度ではありません。渋みを抑えながらもうまみ成分を引き出すのは70度から80度といわれています。ウォーターサーバーのお湯の温度がちょうどそれくらいですので、お茶がおいしく入れることが出来るのです。

お好み焼きなどの粉もの

お好み焼きやうどんなどのレシピも軟水が適しています。小麦粉のグルテン成分をより一層引き出してくれるので、混ぜると粘り気がまして小麦粉やだしのうまみが存分に引き出すことが出来ます。

ミネラル成分を使ったサーバーで食事を作り

実はお好み焼きやたこ焼き、うどんなど、粉もの文化が盛んな関西は、東京よりも硬度が低い超軟水なのです。こうして考えると世界からの国や地域の違いだけでなく、日本国内でも水質の違いはあり、その水に合った食文化が発展してきているといえるのです。食事を美味しく食べるための工夫として、ウォーターサーバーを取り入れて便利にミネラルウォーターを活用するようにしましょう。

該当