私たちはふだんから水にお金をかけている

導入するにあたって、気になるのはウォーターサーバーのコスト(費用)。メーカーが何社もあるので、比較検討するにはインターネットのサイトからの情報収集が便利です。殆どのメーカーが、送料無料、サーバーのレンタル無料を謳っており、水の価格も拮抗しています。

その中から選ぶ基準としては、デザイン性、機能性が挙げられます。デザインや色が豊富であるもの、ウォーターサーバーの機能が充実しているものなど、各メーカー特色があるので、比較してみるのがいいと思います。また、一回に配送される水の量も、会社によって量が違うので、自分の使用量も鑑みて選択するのが望ましいと言えます。

ミネラルウォーターを買うより経済的か?

そもそも水道を捻ればただで飲める水にお金を払うなんて贅沢だという人も多いでしょう。しかし、よく考えてみると、普段の生活で私たちが水道水を飲み水として使うことはまずありません。むしろ、お金を払い、美味しいミネラルウォーターを買うことが常態化してきています。社会的な健康志向によりジュースや缶コーヒー離れが進んでからはなおさらです。

水の種類と価格

ウォーターサーバーを使用する上で重要なのは、水の種類価格です。使用されるお水は各業者によって異なりますが、大別して天然水RO水があります。天然水は天然の原水から集めたミネラルウォーターやナチュラルウォーター、RO水は水道水を濾過したお水です。価格は1リットル当たり100円~150円が相場です。飲み水や料理に使っても一人当たり1日2リットル~3リットルですので、水代もそこまで高くなるわけではありません。

何と言ってもコストパフォーマンスが良い

コンビニや自販機でミネラルウォーター500mlを1本買うと価格が110~130円ほど料金で売っていますが、これをウォーターサーバーで宅配する際には水の値段は比較にならないくらい安い料金で購入する事ができます。また、こういった業者は水を利用者に長く購入してもらうことで利益を出すことになるので、最近では設置の費用も無料で行ってくれる業者というのも増えてきました。

ペットボトルより便利で経済的

水は水道水ではなく買って飲む時代です。ペットボトルは運ぶのに重いですし、お茶やコーヒーなどの飲料水としてだけでなく料理にも使っていると、どんどん消費していきますから使用したペットボトルは山積みになって行きますしコストもかかります。ウォーターサーバーは、冷水だけでなく温水も出るので、使用する目的に合わせていつでもすぐに利用できますし、ペットボトルで水を購入するより経済的です。

ミネラルウォーターを買うより経済的

3.11の震災の後には、飲み水に対して敏感になった人が増えたことは間違いありません。飲み水としての安心や、それを摂取することで得られる健康を優先することで、たんにミネラルウォーターを買って飲むよりも、ウォーターサーバーそのものを入れて日常的に飲むというライフスタイルが浸透し始めているのです。そうなれば、わざわざお店で買ってくるよりも経済的ですし、何よりも重いペットボトルを自宅まで運ぶ手間も省けます。

ペットボトル一本あたりではむしろお得

実は、そのミネラルウォーターをふだんから買うより、お得だったりもするのです。実際、サーバーそのものはレンタルで、それを足したとしてもおよそ3,000~4,000円ほど。ペットボトル一本分に換算すれば、外でミネラルウォーターを買うよりも安く済むという試算もあるのです。ウォーターサーバーが一般家庭にも広まるほど人気になった本当の理由はここにあります。

該当