ウォーターサーバーは買い取りとレンタルどっちがいい?

ウォーターサーバーの中にはレンタルだけでなく、買い取りに対応しているものもあります。それぞれメリットとデメリットがあるので、自分の場合はどちらも向いているのかを考える際に役立つポイントについてご紹介しましょう。

ウォーターサーバーを買い取りで利用するメリット

買い取りを選択する大きなメリットは、月々のレンタル料金がかからず、ノルマもないということです。
レンタルでもレンタル料金0円のところもありますが、定期配送が義務づけられているところがほとんどですよね。

一方で買い取りをしてしまえば毎月の定期購入から解放されるので、本当に必要な時だけお水を購入することが可能です。例えば、一人暮らしでなかなかノルマを達成できないような方でも安心。

また、いつでも解約が可能になります。多くのウォーターサーバーには数年以内に解約した場合に高額な解約手数料がかかってしまいますが、そういったものを心配する必要もありません。

また、毎月のレンタル料金が発生するようなウォーターサーバーの場合、3年以上のように長期間にわたって使い続けるとレンタル料金だけでもかなりの金額になってしまうことに。

結果的に買い取りをした時のサーバー代金よりもレンタル料のほうが高くなってしまうことがあります。

ただ、デメリットとして挙げられるのがそもそも買い取りに対応しているウォーターサーバーがほとんどないということですね。限られた種類の中から選択しなければならないので、自分にぴったりのものを選びにくいです。

ウォーターサーバーをレンタルで利用するメリット

レンタルに対応しているウォーターサーバーはたくさんあるので、様々な種類の中から自分にぴったりのものを選べるのが最大のメリットです。

また、レンタルといっても高額なレンタル料金が発生するものは少なく、かかっても1,000円未満で済みます。

その代わり定期購入が義務づけられているわけですが、そもそもお水を購入しないとウォーターサーバーは利用できないので、定期購入は大きな問題にはならないはず。

それから、レンタル中に通常使用して故障した場合、サーバーのメンテナンスや修理が必要になった時の費用は無料という会社が多いです。買い取りを選択した場合には保証期間が過ぎてからのメンテナンスや修理費は自己負担になります。

デメリットとして注意したいのが、契約してから短期間のうちに解約を検討する場合には解約手数料が発生するということ。

また、反対に長期間にわたって使い続ける場合もサーバー買い取りに比べてレンタル料が高くついてしまうことがあります。

結局買い取る場合とレンタルではどちらがいいの?

ウォーターサーバーの買い取り価格について見てみると、30,000~50,000円前後となっています。

間を取って40,000円を1つの基準にして考えてみましょう。実際にウォーターサーバーを利用する場合はこの他に水の購入が必要です。

レンタルの場合は1ヶ月ノルマが大体2~3本、値段は3,500円程度なので、これを基本にして計算してみましょう。

1年間利用したことを考えると、購入代金40,000円+水の料金が42,000円で82,000円です。2年目からはサーバーの購入代金がかからないので水の料金だけということになり、5年使った場合の総合費用は大体250,000円ほど。

これを1ヶ月あたり762円のサーバーがレンタル料金が発生する富士の湧水と比較してみましょう。同じ量の水を購入すると5年間で210,000円、レンタル料金は45,720円で合計255,720円なので、買い取りのほうがお得ということになります。

さらに長期間で見るとその差は大きくなっていくわけですが、言い換えれば、それだけ長期間利用しない限りはレンタルのほうがお得だということ。
使う期間がはっきり決まっていない方はレンタルのほうが無難です。

また、反対にすぐに解約する可能性が高い方は買い取りがおすすめ。買い取りなら解約手数料がかからない上にサーバーは中古品として売ることができるからです。

ただ、このあたりは契約する期間によっても変わってくるので、自分が検討しているサーバーの料金や利用期間について最適なほうを選びましょう。

該当