ウォーターサーバーで飲める水の種類

ウォーターサーバーを使って購入することのできる水には、何種類かあります。まず大きく2つに分けて、天然水RO水があります。天然水とは、採水したままのミネラル成分などを含んだ水、RO水とは、不純物をできる限り取り除いた水を言います。どちらが自分にとって欲しいものなのか、使用するにあたって選択する必要があります。

このページのメニュー

純度の高いお水を毎日飲める幸せ

天然水とは名前の通り、特定の水源から採水された自然のままの天然のお水。RO水というのは、、逆浸透膜と呼ばれるものでろ過した水のことで、細かい有害物質を限りなく取り除いているので非常に安全性が高い反面その性能が高すぎるがゆえに天然水のミネラル成分までも取り除いてしまうため、一度不純物を取り除いたあとにミネラル成分を添加しているお水もあります。

また、天然水は硬水と軟水に分けられます。赤ちゃんのミルクに使用する場合は軟水が望ましいなど、用途によって向いている水質があるので、これも考慮したほうがいいと考えます。天然水の場合は、ミネラル成分が含まれますが、採水地によってその含有量も違ってきますので、ミネラルにこだわる方は、その点も注意が必要になってきます。

RO水とは

RO水は、採取した水にろ膜処理をした水のことを言います。このフィルターを通して不純物を取り除いて製造したものです。特に採水地は特定されていませんので、人工的に作ることもできます。

NASAが開発したRO膜という濾過装置を通して濾過された水を指します。このRO膜は0.0001ミクロンという非常に小さな不純物も除去出来るのですが、ミネラル分をも共に取り去ってしまうので、濾過処理が完了した後にミネラル分を別途添加する等の工夫をしているのです。ですから、RO水は小さな子どもや、お年寄りがいる家庭向きであると言えるかも知れません。価格は安価で購入できます。

天然水とは

地下の深い部分からくみ出した水の事を天然水と言います。ミネラル成分が含まれていますが、くみ出される地域によって水に溶け込んでいるミネラル成分は異なります。ミネラル成分には、骨や歯を作るために必要なカルシウムやマグネシウム、最近の研究結果で糖尿病などに良いと言われているバナジウム、体内のバランスを取っていると言われるナトリウムやカリウムなどです。

採水後、安全に飲めるように衛生管理を施したものを天然水と言います。そもそも水には硬水と軟水があり選ぶことができます。特徴としては、硬水は含まれるミネラル成分が軟水より多いため独特の味があります。ダイエット目的などで硬水が選ばれることはありますが、クセのない飲みやすさから軟水の方が人気です。

今では、生産地から取り寄せた天然水や不燃物を排除して作られるRO水、そして軟水や硬水など、種類も多彩です。それぞれのニーズに合わせてお好みのお水を選ぶこともできます。すっきりとしたピュアな水は、喉を満たし、身体を清らかにします。たとえば、山の奥の清らかな渓流で汲んだ一杯を飲んだ時の幸せな気持ち。それを毎日自宅で味わえると思うと、それはお金には代えられない贅沢なのかもしれません。

最近人気のアルカリ水

最近は比較的アルカリ性の強い水が人気です。というのも、人の体内が酸性になってしまうと胃腸障害が起きやすくなり下痢の症状が出てしまったり、アレルギーや喘息、痛風などの症状が悪化してしまうことがあるからです。弱アルカリ性の水を日常的に飲むことで体内が酸性に傾くことを防ぐことができます。ただし、アルカリ性が強くなると水の味が苦くなるというデメリットもあるので、味で選ぶのか、健康効果で選ぶのかによって、選ぶべきウォーターサーバーも変わってくるということになります。

該当