使い捨てボトルのメリットとデメリット

水が入っているボトル(容器)は、使い捨てボトルのワンウェイ方式と、回収ボトルのリターナブル方式があります。ここでは使い捨てボトル(ワンウェイ方式)の特徴、メリット・デメリットをご紹介。

使い捨てボトル(ワンウェイ方式)

使い捨てボトル

使い捨てボトルとは、その名の通り、飲み終わった後に返却が不要な使い捨て容器(ボトル)を指します。名称としては「使い捨てボトル」「ワンウェイボトル」「ワンウェイ方式」などの呼び名があります。

ペットボトルよりも、やや柔らかい素材のボトルやパックが多いため、空になった容器はコンパクトになり、リサイクルごみとして処分可能。そのため、空き容器の保存スペースが不要です。常に新しい容器で水が供給されるので、いつでも衛生的と言えます。

[]

  • 常に新品のボトルで水が配送されるので衛生的で安心
  • 空になったボトルをゴミとして処分できる
  • ボトルの重量が軽く交換がしやすい
  • リターナルボトル(回収型)と違い、空のボトルを保管する場所が要らない

使いすてボトル(ワンウェイボトル)のデメリット

  • プラスチック素材などが多く、ごみ処理過程で環境負荷がある
  • 頑強なリターナルボトル(回収型)と違い、破損しやすい

使い捨てボトル(ワンウェイボトル)のメリット

  • 常に新品のボトルで水が配送されるので衛生的で安心
  • 空になったボトルをゴミとして処分できる
  • ボトルの重量が軽く交換がしやすい
  • リターナルボトル(回収型)と違い、空のボトルを保管する場所が要らない

衛生的で安心

使い捨てボトルはその名の通り、水を使いきったら捨ててしまうタイプの水ボトル。使い捨てボトルを採用するほとんどの会社が、柔らかく折りたためる材質のボトルを採用しているので、

使いすてボトル(ワンウェイボトル)のデメリット

  • プラスチック素材などが多く、ごみ処理過程で環境負荷がある
  • 頑強なリターナルボトル(回収型)と違い、破損しやすい

使いすてボトル(ワンウェイボトル)のデメリット

該当