回収ボトル(リターナブルボトル)の
メリットとデメリット

ウォーターサーバーの水を入れるボトル(容器)は、使い捨てボトルのワンウェイ方式と、回収ボトルのリターナブル方式があります。最近では使い捨てボトルが多くなってきましたが、回収ボトルを採用しているメーカーもまだまだあります。ここでは回収ボトル(リターナブル方式)の特徴、メリット・デメリットをご紹介。

このページのメニュー

回収ボトル(リターナブル方式)

回収ボトル

回収ボトル(リターナブル方式)とは、空になったボトルをメーカーが回収して、洗浄・殺菌後に再利用するボトルを指します。名称は、「回収ボトル」「リターナブルボトル」「リターナブルタイプ」などと呼ばれています。空になったボトルは次に水が届くまで保管が必要で、次に水を届けて貰った際にメーカーに渡します。ほとんどが硬いプラスチック素材の容器を使用しており、何度も再利用するので容器の費用を抑えることが可能。そのため水代で比較すると、使い捨てボトルよりも安い傾向があります。

回収ボトル(リターナブル方式)のメリット

  • ゴミが発生せずエコ(環境負荷が少ない)
  • 容器が頑丈で破損が少ない

回収ボトル(リターナブル方式)のデメリット

  • 空になったボトルを保管しておく必要があり場所を取る
  • 空ボトルを渡すため、家にいなければいけないことがある
該当