天然水とは?特徴を分かりやすく解説

ウォーターサーバーの水には大きく分けて、「天然水」と「RO水」の2種類があります。天然水(ミネラルウォーター)はよく耳にしますが、具体的にどういう水なのか、あいまいな部分も多いのではないでしょうか。ここでは天然水の定義や成分、水の特徴、適した使い方などを紹介します。

天然水とは

天然水の定義

天然水とミネラルウォーターを混同している方もいますが、厳密に規定があるわけでは無く、採水した水をどのように処理しているかで変わります。天然水とは、特定の水源(地下水)を原水として採水された水で、飲料水にする処理方法を濾過・沈殿・加熱殺菌だけで処理している水のことを指します。雪解け水や雨水が、長い年月をかけて地層のフィルターでろ過を繰り返しながらできた地下水。さまざまな地層に触れながら浸透してくので、ミネラル分を吸収し美味しい水になっていきます。

ミネラルウォーターには処理による定義は無く、ミネラルを添加した水もあれば、転園ミネラルを含んだ水もあります。現在は厳密な品質規定があるわけではなく、天然水にのみ処理過程の定義がされています。

天然水の定義

一般的には容器入りの水の中で、地下水を原水としている水を指しますが、日本では「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」「ミネラルウォーター」「ボトルドウォーター」と区分しています。

ナチュラルウォーター

特定の水源から採水された地下水で、処理方法が「ろ過」「沈殿」「熱殺菌」したものに限定されます。

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターのうち、鉱化された地下水を原水とした水を指します。ミネラル分を添加したり、成分に手を加えていない水です。

鉱化した水とは、地表から地下へ浸透し、地下に貯まるまでに地層のミネラル(必須ミネラル等)が溶け出した地下水を指します。

処理方法は「ろ過」「沈殿」「熱殺菌」したものに限定されます。

ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターと同じ原水を持った水で、品質安定のためにミネラルを調整したり、ばっ気(※)やオゾン殺菌、紫外線殺菌、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターを混合するなどの処理が行われたものを指します。
※浄水処理方法の1つ。水に酸素を供給し、水中の微生物有機物の分解を促進させる

ボトルドウォーター

上記の分類以外の水を指します。純水や蒸留水、河川の水、水道水等も含まれ、処理方法も定義はありません。

処理方法について

非加熱処理

非加熱処理とは、加熱殺菌以外のやり方で殺菌処理を行う処理方法。主に、菌をろ過する・紫外線やγ線を照射する・化学薬品を用いるなどの手法があります。非加熱のため、天然水に溶け込んでいるミネラル分だけでなく、美味しさの要である「溶存酸素」も多く残せるというメリットがあります。

非加熱処理が可能な天然水は限られており、原水の状態で定められた基準を満たしていることが条件となります。そのため、加熱殺菌を行わなくてもその水を販売することが出来る水です。

加熱処理

加熱処理とは、その名の通り、熱を加えて殺菌処理を行う方法です。安価に完全な殺菌ができるため、安くて安全な水を提供できますが、加熱することで、ミネラル分が損なわれたり、「溶存酸素」が変質や減少してしまうため、非加熱処理の天然水よりはおいしさを損なうと言われています。

溶存酸素とは

水の中に溶けている酸素のことで、水の美味しさに関して鍵を握ります。溶存酸素の量が多ければ多いほど良い水質(きれいな水)と言われ、逆に汚染度の高い水においては溶存酸素が極端に低い数値になります。

水本来の味を楽しみたい、水の質にこだわりたい方には「非加熱処理された天然水」がおすすめ。

濃縮処理

濃縮処理とは、何らかの方法で「水」を何度も蒸発させて、水に含まれている成分(ミネラルなど)だけを残して濃度を高める処理方法。例えば、100mlの水の中に10mg分の成分(ミネラルなど)が入っていると仮定します。この水を2倍の量に増やすと、成分量も2倍になります。ここで水をもとの量(100ml)になるように蒸発させます。(この蒸発方法は、様々なやり方があります)

そうすると水は蒸発します(※)が、含まれていた成分は蒸発せずに残ったままとなるので、100ml中に20mg分の成分が溶け込んでいることになります。これが濃縮です。これを繰り返すことで、100ml中の水に含まれる成分量だけがどんどん増えるため、高濃度な水が出来上がるのです。

※カルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウム・バナジウム・シリカ・亜鉛・ゲルマニウムは、水よりも蒸発する温度(沸点)が高いため、水が蒸発しても残ります。

該当