レンタルと買い取りの違いや
メリット・デメリットについて

ウォーターサーバー本体は、レンタルで貸してくれるモデルと、買い取りのモデルがあります。

レンタルの場合、ほとんどは無料もしくは1,000円前後で貸りることができますが、買い取りの場合は、数万円程度するので初期費用が一気にかさみます。

ここでは、レンタルの場合と買い取りの場合のメリット・デメリットについて詳しく説明します。

このページのメニュー

レンタルの場合

レンタル料は無料のウォーターサーバーが多いです。レンタル費用があったとしても1000円前後となります。レンタルのメリットは、

  • 故障時に無償交換できることが多い
  • メンテナンスが無料または格安
  • 初期費用が買い取りに比べて圧倒的に安い
  • ウォーターサーバーの後処理に困らない
  • 契約期間満了時に新しいウォーターサーバーに変えられる

などが挙げられます。

多くの会社が契約期間を設けており、一定期間内に解約をすると手数料が発生してしまうのがデメリットですが、契約期間終了後はこのデメリットもなくなります。

契約期間は各社1~2年程度の期間設定が多くなっています。また、ウォーターサーバーを破損させた場合は、料金を請求される可能性があるの気を付けましょう。

買い取りの場合

買い取りの場合、初期費用にサーバー購入代が加わるので数万円単位になります。

サーバーの利用をいつやめても解約手数料は発生しません。しかしその後の処分などは自分で行わなければいけないのでその点はデメリットと言えるでしょう。

該当