RO水とは?特徴を分かりやすく解説

ウォーターサーバーの水には大きく分けて、「天然水」と「RO水」の2種類があります。

天然水はよく耳にしますが、具体的にどういう水なのかあいまいな部分も多いのではないでしょうか。RO水に至っては初めて聞いたという方もいらっしゃると思います。

ここではRO水の特徴、適した使い方などをご紹介します。

このページのメニュー

RO水とは

RO水の定義

RO水とは取水した水に、RO膜(逆浸透膜フィルター)という分子レベルの有害物質も除去できる目の細かい膜でろ過を行った水のこと。採水地は特に特定されておらず、人工的に作る事ができる水で、飲料水としては低価格で常に安定した味と安全を届けることができるので人気があります。また、天然水に比べてより安全性が重視されているのがRO水の特徴です。

RO膜(逆浸透膜フィルター)とは

RO膜とは、非常に目の細かいろ過膜の一種で、水以外の不純物を通さない性質があります。その目の大きさは約2ナノメートル以下(ナノメートルは1mmの100万分の1)。現在確認されているウイルスの中で一番小さいとされているものでも、約20ナノメートルあるので、RO膜に通すことで病原菌やウイルスなどは確実に除去することが可能です。

RO水のメリット

RO膜による浄化のレベルは、水道水の不純物はもちろん、汚れやウイルスだけでなく、農薬や水銀、トリハロメタン、ダイオキシン、鉛などのような有害物質、セシウムなどの放射能物質も除去。その浄化力は99%以上と言われているため、安心・安全な水として注目されています。また、水に含まれているミネラル成分も取り除くため、消化能力の弱い赤ちゃんや小さなお子さま、高齢者の方にはとくにおすすめの水です。

RO水のデメリット

水に含まれるほとんどの不純物を除去するRO水ですが、同時に美味しさの要とも言える「ミネラル成分」も除去しているため、「おいしさを感じるか」という点では、意見が分かれます。水を飲んだ時においしいと感じるのは、水にカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が入っているため。自然に湧いている水が「美味しい」と感じるのは、より豊富なミネラル成分が含まれているからです。

しかし、RO水は不純物をほぼ除去するというメリットの一方、うまみ成分であるミネラルまで取り除いてしうデメリットもあるため、味に違いがなくなってしまいます。そのため、メーカーによっては味を調えるために、人工的にミネラル分を添加している会社も増えています。

該当