備蓄水に最適な水とは

東日本大震災以降、ウォーターサーバーの需要が一気に高まりました。

災害などで断水されてしまった場合、生活用水の確保をどのようにするかと考えた場合の1つの手段として有効だからです。

ここでは保存用としてどのくらいの量が必要なのか、サーバー自体は災害時でも使えるのか、どのような水が適しているのかなど、備蓄水に向いている水の種類や注意点をご紹介します。

このページのメニュー

備蓄水とは

備蓄水とは、災害などの非常時に備えて用意しておく水のこと。

人は一日に2.5Lほどの水分を消費しているので、余裕をもって1人あたり最低でも3L×3日分(※)=9Lあると良いです。実際の震災時には、水や食料などの支援物資が届くまでに、場所によっては1週間かかったところもあります。

しかし9Lというと、2Lのペットボトルで約5本。それを家族の人数分備えておくのは、なかなか難しいのが実情。

賞味期限を定期的にチェックして新しいものを買い足す必要があったり、水の保管場所に困ることもあります。いつ起こるか分からないのに水にだけ労力を割くのはとても大変ですが、いざという時のための備えは必要です。
※東日本大震災の時、水の供給が始まったのが3日後だったため

常時使えて備蓄水にもなる

そこで注目されたのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーなら常に飲料水として設置され、水がなくなる前に定期的に新しい水を宅配してくれます。

また、自分でいつでも追加注文できるので、常に新鮮な水を備蓄しておくことが可能なのです。

備蓄に適した水と注意点

備蓄用の水は、天然水でもRO水でも問題ありませんが、不純物を一切含まないRO水の方が、水の劣化も進みにくく、天然水よりも賞味期限が長いため、RO水がおすすめ。

災害時に注意したいのが、予備の水の注文量です。

災害時は電話やネットが寸断されていることが予想されます。仮に注文が出来たとしても注文本数が制限されたり、宅配まで日数がかかることもあるので考慮してストックしましょう。

該当