硬度(硬さ)の違いによる水の特徴

水には硬さの定義があり、それを硬度と言います。その硬度によって、軟水か硬水か区分されます。硬水と軟水では、味や風味が違うことはもちろん、それぞれが違ったメリットを持っています。ここでは硬度とはなんなのか、実際にはどういった違いがあるのかを解説します。

このページのメニュー

硬度の定義

硬度とは、水1リットル中に含まれているカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量を表わした数値の事。

硬度は以下の計算式で算出します。

硬度=(カルシウム量mg/l×2.5)+(マグネシウム量mg/l×4)

WHO(世界保健機関)の基準では、120mg/L未満を軟水、120mg/L以上を硬水と定義していますが、日本の採水される水は、ほとんどが軟水です。その為、口当たりが柔らかく、飲みやすいのが日本人好みの味と言えます。

名称 硬度

軟水

0~60mg/L

中程度の軟水

61~120mg/L

硬水

121~180mg/L

非常な硬水

180mg/L以上

軟水の特徴

日本の水はほとんどが軟水です。水道水も例外ではありません。口当たりは軽く、マイルドな風味で非常に飲みやすいのが特徴です。その為、日本のウォーターサーバーの水は多くが軟水となっています。

軟水は体への吸収が良く、体に負担をかけずに飲むことができるので、お年寄りや赤ちゃん、子供にも向いています。また、素早い水分補給が必要な時も軟水が適しています。軟水には料理の素材やダシの旨み、香りを引き立てる作用があり、和食・お茶に適しています。水道水も軟水で石鹸の泡立ちが良い為、生活用水としても利用されます。

硬水の特徴

硬水とはカルシウムイオンやマグネシウムイオンが120ppm以上含まれている水のこと。雨が地中を通って、岩やミネラルをより多く含んだ水は、ヨーロッパに多いと言われます。

日本で採水される水はほとんどが軟水ですが、硬水も関東の一部と南西諸島で見られます。沖縄本島では上水道に硬水が利用されているため、硬度を下げる処理を行ってから供給されています。水に含まれるミネラル分が多ければ多いほど癖が強い味となり、マグネシウムの量が多いほど、しっかりとした飲みごたえを感じる味になります。硫酸マグネシウムを多く含む硬水を飲んだ場合は下痢をしやすくなるので、お腹の弱い方は飲むのを避けましょう。

硬水の中でも飲用に適している水もあり、コントレックスなどは、水に含有するミネラルを栄養素として利用する為に販売されています。また、硬度の高い水が香りを引き立てるので、香りを楽しむ中国茶、紅茶、コーヒーには中硬水がおすすめです。

該当