引っ越して知った、水道水の味の違い

私は結婚してある賃貸物件に引っ越しました。そこはその当時でも築15年程の物件で、水は一度屋上にある貯水タンクに汲み上げてから各部屋で使うと言う形でした。さすがに茶色い水が蛇口から出てくるという事はありませんでしたが、すごくまずかったのを覚えています。このまま飲むのも嫌だったので、浄水器を使うかミネラルウォーターを使うか悩んでいた時、ウォーターサーバーの存在を知りました。これは便利だと思った私は早速業者に注文し、自宅に設置してもらいました。天然水のボトルを設置する物でしたが、当時住んでいた所の水道水と比べるとはるかに美味しい水でした。

家を建ててから使い始めたウォーターサーバー

その賃貸物件に住んでいたのは2年程で、その後私たち夫婦は家を建てたのでそこに移り住みました。水道は直接のタイプだったので、私はウォーターサーバーをやめて水道水を飲料水として使い始めました。1か月、2か月はそれほど気になりませんでしたが、ある時台所の水の出が悪くなったことがあります。分解して中を見てみると、そこには薄い緑色の紙みたいな物が沢山詰まっていました。それを見た瞬間、やっぱり体内に取り入れる物だけはウォーターサーバーにしようと再度設置を決めました。

毎月の水の消費量の変化

賃貸物件で暮らしている時に一人、新居に引っ越してから一人生まれて、我が家は現在4人家族です。粉ミルクを使う事はなかったので小さい頃はそれほど水を摂取する量は増えませんでしたが、ここ数年はすごく多くなっています。特に上の子が小学校に入ってから、校舎内の水道の水は貯水槽タンクからの物で、飲んではいけないという事で、1年中お茶を持って行き始めました。そこから次第に水の消費量が増えていった気がします。

ジュースじゃなくても満足してくれる

我が家では、食事の時以外は何を飲むかは本人が決める事にしています。子ども達も好きな物を飲んでいますが、最も飲む物はウォーターサーバーの水です。理由を聞いてみた所、冷たくておいしいからという答えが返ってきました。風呂上りや学校と幼稚園から帰ってきてから子ども達はごくごく飲んでいます。ジュースじゃなくても満足してくれるので、親としてはすごく良い物を導入したと実は思っています。

該当